Microlab Prep

ハミルトンの分注装置のテクノロジーのまま生かし、極限までコストを抑えた最小フットプリント、最低価格で実現しました。

DIYコンセプト

エンジニアによるサポートが、ほとんど必要にならないよう設計されております。プロトコルの作成はタッチパネルによってユーザー自身が行い、部品の交換もユーザー側で全て行えるよう設計されており、このことにより過去にない低価格を実現しております。標準的なマイクロチューブや試験管、マイクロプレート、ディープウェル、リザーバー等を使用して分注操作が行えるだけでなく、プレート搬送や、加熱式シェイカー、マグネットスタンド等を搭載することが出来るため、お客様のアイデア次第で様々な用途に使用可能です。

タッチパネルによるプロトコル作成

これまでのハミルトン装置と異なり、タッチパネル操作のみのプログラム作成を実現しております。
主なコマンドは、

信頼ある分注システム

エアーディスプレースメント方式のピペッティングを使用して、優れた分注精度を実現しています。さらに、ハミルトンピペットチャネルとチップは、CO-RE(Compressed O-Ring Expansion)と呼ばれる特許取得済みのロック&キー機能を使用して、正確に互いが密着するように設計されています。チップが正確に位置合わせされることにより、タイトな密閉性が作られ、チップの歪みをなくし、分注処理ステップで最高の精度を保証します。オプションの液滴防止制御と液面検出技術により、サンプルと分注結果の完全性がさらに保護されます。